日本歯科材料器械研究協議会の紹介

日本歯科材料器械研究協議会は、ISO/TC 106(国際標準化機構/歯科専門委員会)に関する国内審議団体として、1977年に設立されました。日本はISO/TC 106年次会議に1977年から公式参加しており、1980年にP-メンバー(投票及び会議参加の義務を持つ会員)になりました。

本会の主要業務は、JISC(ISO会員団体、Japanese Industrial Standards Committee)のTC 106に関する業務を行って、歯科器材の国際標準化に貢献するとともに、JIS(日本工業規格、Japanese Industrial Standards)との整合化を図り、歯科器材の合理化、発展に寄与することです。

本会の運営は、歯科企業及び歯科関連団体からの賛助会費、公益社団法人 日本歯科医師会、一般社団法人 日本歯科商工協会及び日本歯科企業協議会からの補助金、ならびに経済産業省の国際標準化事業の再受託費によって賄われています。2017年4月時点での、賛助企業は51社、団体は6団体で、企業の多くは製造業です。

また、本会はおよそ十数年ごとに回ってきますISO/TC 106年次会議の日本での開催に備えて、開催費用の積立を行っています。日本での会議は、1983年に大磯、1995年に京都、2009年に大阪において、日本歯科医師会と本会との共催で開催しました。次回は、2019年9月に大阪で開催する予定です。

本会の活動には、生産者として歯科製造企業、使用者として日本歯科医師会、及び中立者として大学研究機関から、それぞれの代表者が参加しています。また、国内組織をISO/TC 106の組織に対応させて編成し、TC 106日本議長、SC(分科委員会)日本議長、及びWG(作業グループ)エキスパート(専門家)を本会から委嘱しています。

ISO規格開発プロセスにおける投票に際しては、WGエキスパート及び関連業界団体で作成した回答案について、日本歯科医師会、該当SC日本議長に意見を伺い、それぞれの了解を得て回答案をまとめます。このとき、必要に応じて国内委員会を開催します。該当SC内でまとめた回答案について、ISO/TC 106日本委員会(国内の全ての利害関係者を含む)で確認した上で、事務局はISOの電子投票システムによって投票を行います。

本会の活動組織

ISO/TC106の構成

TC 106 Dentistry 歯科 SCC カナダ
WG10 Biological evaluation 生物学的評価 DIN ドイツ
         
SC 1 Filling and restorative materials 充填・修復材料 AFNOR フランス
WG 2 Endodontic materials 根管充填用材料 BSI 米国
WG 7 Dental amalgam 歯科用アマルガム BSI 英国
WG 9 Polymer-based restorative materials 高分子系修復材料 BSI 英国
WG 10 Dental luting cements, bases and liners 歯科合着用、裏層用、裏装用セメント JISC 日本
WG 13 Orthodontic products 矯正用品 ANSI 米国
WG 15 Adhesive components 接着性レジンセメント JISC 日本
WG 17 Orthodontic anchors 矯正用アンカースクリュ DIN ドイツ
         
SC 2 Prosthodontic materials 補綴材料 ANSI 米国
WG 1 Dental ceramics 歯科用セラミック ANSI 米国
WG 7 Impression materials 印象材 ANSI 米国
WG 12 Corrosion test methods 腐食試験方法 ANSI 米国
WG 14 Dental brazing materials 歯科用ろう材 DIN ドイツ
WG 16 Polymer veneering and die materials 高分子系歯冠用及び歯型用材料 DIN ドイツ
WG 20 Artificial teeth 人工歯 ANSI 米国
WG 22 Magnetic attachments 磁性アタッチメント JISC 日本
         
SC 3 Terminology 用語 AFNOR フランス
WG 1 Harmonization of dental codes and abbreviations コードと略号の整合 SCC カナダ
WG 2 Dental vocabulary (Revision of ISO 1942 and thematic coding of  its terms) 歯科用語(ISO 1942の改正及び収録用語のテーマ毎のコード化) ANSI 米国
WG 5 Terminology for forensic oro-dental data 法歯学情報に関する用語 ANSI 米国
         
SC 4 Dental instruments 歯科器具 DIN ドイツ
WG 1 Dimensions of rotary instruments 回転器具の寸法 DIN ドイツ
WG 7 Dental handpieces 歯科用ハンドピース DIN ドイツ
WG 8 Dental hand instruments 歯科用手用器具 ANSI 米国
WG 9 Endodontic instruments 歯内療法用器具 ANSI 米国
WG 10 Dental injection systems 歯科用注射システム BSI 英国
WG 13 Implant instruments インプラント器具 DIN ドイツ
WG 14 Materials for dental instruments 歯科器具用材料 KATS 韓国
         
SC 6 Dental equipment 歯科器械 DIN ドイツ
WG 1 Dental operating light 歯科用照明器 ANSI 米国
WG 2 Dental patient chair and dental unit 歯科患者用いす及びユニット DIN ドイツ
WG 5 Amalgamators, dispensers and capsules アマルガメータ、ディスペンサ及びカプセル ANSI 米国
WG 7 Powered polymerization activators 重合用光照射器 ANSI 米国
WG 8 Suction equipment 吸引装置 SA オーストラリア
WG 9 Particular electrical requirements of dental equipment 歯科器械の電気に関する個別要求事項 DIN ドイツ
         
SC 7 Oral care products オーラルケア用品 JISC 日本
WG 1 Manual toothbrushes 手用歯ブラシ JISC 日本
WG 2 Powered oral hygiene devices 電動口腔衛生用具 ANSI 米国
WG 3 Oral rinses オーラルリンス DIN ドイツ
WG 4 Dentifrices 歯磨剤 ANSI 米国
WG 5 Interdental brushes 歯間ブラシ DIN ドイツ
WG 6 Dental flosses デンタルフロス JISC 日本
WG 7 Dental bleaching products 歯科用漂白材 ANSI 米国
WG 8 Fluoride varnishes フッ化物バーニッシュ ANSI 米国
WG 9 Denture adhesives 義歯床安定用こ(糊)材 JISC 日本
WG 10 Analytical methods for oral care products オーラルケア用品のための分析法 ANSI 米国
         
SC 8 Dental implants 歯科用インプラント ANSI 米国
WG 1 Implantable materials インプラント材料 AFNOR フランス
WG 3 Content of technical files テクニカルファイルの内容 ABNT ブラジル
WG 4 Mechanical testing 機械的試験 ANSI 米国
WG 6 Pre-clinical performance requirements 前臨床性能要求事項 ABNT ブラジル
         
SC 9 Dental CAD/CAM systems 歯科用CAD/CAMシステム JISC 日本
WG 2 Terminology 歯科用CAD/CAMシステム-用語 DIN ドイツ
WG 3 Digitizing devices デジタイジング機器 SN ノルウェー
WG 4 Interoperability 相互運用性 KATS 韓国
WG 5 Machined devices 機械加工物 JISC 日本
WG 6 Machinable blanks 切削加工用材料 ANSI 米国